所有することがオシャレじゃない。

これまた、大草直子さんの一言でした。聞いた瞬間、ハッとさせられた言葉でした。

人それぞれ優先順位や、お金をかけるかけないなどの基準があるかと思います。それは衣服に対しても同じで、限られた予算の中で、必要?必要じゃない?など自分の中で自問自答しながら、ファッションを楽しむことを見つけていくんだと思います。

私はみずがめ座のB型というのもあって、結構直感で決めるタイプ。直感で動くので失敗もあります。だけど自分の直感は信じています。(直感を強く信じすぎて、たまに真逆な旦那からあーだこーだ言われますが)

なので、あ、かわいい、ほしい、と思ったら、多少は悩みますがどうにかして買えるように、そこにエネルギーを使います。

何が言いたいかというと、その直感で買った数々が、所有するだけで満足してしまってることが多かったということ。買って満足、家に帰って着てみたら手持ちのものと合わない、ちょっと動きづらい、子供とじゃ着れない、などいろんな理由が出てきます。

洋服が好きだからこそですが、その失敗は繰り返してしまう。。少なくともこの3年ぐらいはそうです。子供が生まれてから、似合わなくなったもの、しっくりこなくなったもの。着たいけど汚されそうで、思いっきり着れないこと。持ちたいけど、子供の荷物は入らず、眠りがちなバック、、など。ああ、もうほんと切ない。涙

なので、コロナきっかけで、おうちにいることが増えたので、断捨離を試みました。メルカリしたり、捨てたり、リサイクルへ持って行ったり。「今の自分」に合った、かつときめくものを前提に、大事にしたいものに絞りました。それでもまだまだ片付けられる余地はありそう。そもそも買いすぎね、と自分につぶやきながら。

大草さんの言葉に戻ると、オシャレの定義っていろいろだけど、私の中では所有することがオシャレと勘違いしていた部分もありました。なので、これからは「今の自分」つまり「2人男子の子育て真っ最中」ということを踏まえて、仲間入りしたいアイテムを考えたいと思いました。遅いよね、もっと早く気付けよって突っ込まれそうですが、これも私の人生でございます。

そして、どうやって心地よく、オシャレを楽しめるか、それを極めていきたいと思っています。

話は変わりますが、オリンピック延期になりましたね。我が家にとってはこの延期、どんな展開になるのか、、

まだまだ煮え切らない日々ですが、週の後半も充実しますように。Maiko

コメントする