年少さんももうすぐ終わり。

2月から近所の溶岩ヨガに通い始めました。もともとホットヨガは苦手で、常温でするヨガが好きなのですが、あまりにも運動してない&ヨガも随分ちゃんとやっていなくて、新しくできたスタジオを見かけた時、久々にまたスタジオ通うのもありかもと思い、入会しました。毎度滝のような汗をかいていますが、やっぱりヨガは気持ちいいです。

そして、3月がもうすぐそこですね。年明けから、長男はますます幼稚園が好きになり、お友達と遊ぶのも楽しいらしく、降園後の園庭遊びも続いています。(とはいえ、習い事も入れてしまっているのでたくさん遊ばせられてないのが母としては気にしている。。)

コロナウィルスで、行事などにも影響が出てきておりますが、あっというまに年少さんが終わりを迎えています。昨年の3月は長男にとても頭を悩ませていました。保育園を終えてからの幼稚園が始まるまでの10日間ほど、とことん向き合いました。その期間の「結果」は肌感覚ではあまり感じられませんでした。やっぱり大変なことはあったし、悩みも続きました。それでも季節ごとの行事やイベントを通して、1年間幼稚園に通い、心も身体も一回りもふたまわりも経験し成長した様子。そして今度は次の年少さんを迎え入れる準備を幼稚園でもしているとのこと。なんだか幼稚園では当たり前のことなんだろうけど、その小さな積み重ねがやっぱり保育園の時は毎日慌ただしくて感じられてなかったな〜と思います。

私自身が働くという観点では、幼稚園のシステム?はまだ課題があるのですが、とりあえずはいいんです。正解も不正解もない子育て、相変わらず奮闘しながら進んでるんです。

あ、ところで4月入園の次男の保育園、希望園には入れず引き続き待つことになりました。なんていうか、保育園に入れなかったことで育休延長しているんですが、いまいち煮え切らないのは目標というか行きたい方向性がクリアにならないからなのか。

ひとまず、近況を綴ってみました。年少さんが終わってしまうのさみしいな〜。長男のクラス、ママさんたちも良い感じに仲良しで心地よくなってきたところでクラス替え。どうなることやら。

こんな私のつぶやきでも誰かの役に立てているんだろうか…と思いつつ、今日も誰かの支えになれていますように。

コメントする