産後は1日ずつ…

秋めいてきましたね。こんばんは、Maikoです。

ついに先週の9月6日、38週と5日で次男を産み落としました!自然分娩だったのですが、やっぱり痛かった〜。痛いって言わないって無理でした。出産の詳細は備忘録を踏まえてまたゆっくりUPしたいと思っています。

今日は産後1週間にして得た気づきについて、忘れる前にだだーと書きました。当たり前なことも含まれているのですがね〜、やはり書いておきたいのです。よろしくお願いします。

私の場合も含めて多くの出産を終えた多くの女性が直面する痛み、身体の変化が下記かと思います。

  1. 膣の痛み
  2. おっぱいの痛み
  3. 悪露
  4. 帝王切開後の傷の痛み(これは私自身経験がないのですが、これも痛いとよく聞きます。)

この3つ、4つの痛みを抱えながら、お腹から出てきたまさに右も左もわからない新生児を産後は扱っていかないといけないのです。よくよく考えたら、すごいことですわ。。女性には本能が備わっているとはいえ、そのメカニズムに改めて凄さを感じる日々。

退院して家に帰ってきて、退院前みたいに戻れると思ったら大間違い。人生は別のステージにシフトしつつあり、自分もそのステージに切り替えていかないといけないのです。そうやって、母になった女性たちは大きな変化を受け入れまた逞しくなるのですが、そう簡単にできるかい!って話なのです。

私に至っては、退院日、はーやっとおうちに帰ってこれたー♡なんて思いつつ、入院グッズの荷ほどきをし、今までのように過ごそうと、また気持ち的には過ごせるつもりでいたのですが、退院初日から急に2人育児に不安が押し寄せ、泣きました。でも強がって旦那の前では泣きません。(実家が近いので生活は基本自分の家、ご飯を届けてもらったり、サポートが必要な時は来てもらうスタイルの産後の生活です。)

退院後2日目は入院時の洗濯などあったのでなんとなく最低限の家事をし、乗り越えます。

3日目から、おっぱいも授乳生活とともにぐんぐん変わってきて、色々痛い。だし飲ませる相手もなんだかよくわかってないまま本能で飲む。そしてアソコも痛い。悪露も出る。あー痛いよー。涙な日。旦那にも痛さを訴えるもわかるはずなし。一応身体を休ませる時期である認識はあるので横になったりしていました。

4日目は病院にベビーのチェックに行く必要があったので母の車で午前中行って、おっぱい見てもらったりベビーを見てもらい安心して帰宅。(ベビーの体重が退院時に減ってしまっていたので、フォローが病院に来てくださいと言われたのですが、母乳外来でおっぱいも見てもらって、助産師さんという神の手でおっぱいが楽になるのです。助産師さんってほんと神の職業。)

そこで気づき。あー産後ってこんなふうに1日1日が積み重ねなんだなーと。退院してからベビーのうんちおしっこもしっかりするようになってきて、それだけでも偉いと感じるようになって、赤ちゃんの1日の成長とともに、母の心も身体も回復していくんだなと。

入院中は、病院生活での流れがあるので、何も考えなくても何かすることがあったり、このタイミングで休んでおこうなどとできるのですが、家での生活って自分次第。また今回は2人目の出産ということもあり、長男との生活時間も含めて、手探り。まだ産後1週間とはいえ、生活のリズムをどう作っていくか、私は焦っていたようです。旦那に焦る必要ない、ゆっくりでいいよとは言われて自分でもわかっていても、頭ではこうしなきゃとか思っていたようですね。

出産を報告した友達(すでに2児の母)に言われた貴重な言葉。

家が汚くても、ごはんちゃんと作れなくても、子供達が何もなく元気に1日過ごせただけで素晴らしいことだから、1日の終わりには自分を褒めてあげてね。

言われた時もじーーーんとなりましたが、改めてこの言葉の重み。そうだよな、次男のおしっこ漏れた片付けの間長男を待たせて、なんだかダメな母と思っても、1日が無事に終われば、よく頑張ったと自分に言い聞かせる。そして翌日はまた新しい1日でスタートする。その積み重ねで、大きくシフトチェンジした人生は進んでいく。

2人目で身をもってわかった気がします。産後、身体を休めることは大前提で、口すっぱく多くの方にゆっっくりしてね!と言われるし、自分のマインドもそのつもりではあると思うのですが、それだけではないということ。出産後は、赤ちゃんと一緒に1日1日を積み重ねて、母も人生においてのシフトチェンジを受け入れていくのだと。

そのために必要であれば、実母のサポートを求める、甘える、区や市の産後ヘルパーさんを頼んでみる、ベビーシッターを頼んでみる、誰かに愚痴る。産後うつって言葉がありますが、これに悩む方も多いと思います。ですが、まずは赤ちゃんと共に1日を無事に終えるという観点で過ごすのが良さそうと思いました。

まだまだリアルタイムでの産後生活にはなりますが、また私なりの産後の状況、書いていきたいと思います。

今日もありがとうございました♡Maiko

頑張ります!応援お願いします♡

ワーキングマザーランキング

コメントする